本文へスキップ

係長の役割と仕事の方法が学べる学習支援・問題解決サイト

コラム ストレス ・ ワークライフバランスprofile

係長.netトップ > 記事コラム「その他」 > 左遷人事されたとき 〜うつ発症からの復活劇〜パート2

左遷人事されたとき〜うつ発症からの復活劇〜パート2


時間の経過や新しい仕事の出会いとともに、徐々に自分を取り戻してきました。そんな中、うつを発症してしまうことに。ある上司の一言がきっかけでした。(前ページ >>左遷人事されたとき〜うつ発症からの復活劇〜パート1

 

私はどちらかと言えば、立ち直りが早い性格です。が!しかし!


  • そんなモンモンした毎日を私は過ごしたいはずがなく、早速色々と気持ちを切り替えるようなことを始めました。


     その1つが、朝早く起きてランニングして汗をかくことです。(今は休みの日にやっています。)


     ランニングは短距離走とは違って、徐々に体力がついてくると同時に、走る時間が段々長くなってくるので、なんだかレベルアップしているようで楽しくなります。


     また、新しい仕事の中で、元気をもらえる人物とも出会うことができたので、毎日が少しづつ楽しくなってきたところでした。


     新しい職場も自分の苦手意識からきていたのかもしれませんが、いつかは人間慣れるもの。


     でも、こころのどこかでは「つまんないなあ・・・」と思いながらも、「早く仕事のやりがいを探したい!」と言う両面の自分がいました。


     1年くらいたった頃には、徐々に仕事が集まるようになり忙しくなってきて、それなりに頼りにされている自分がいました。


     そうなると、忙しいながらも「もう少しがんばってみようかな・・」と前向きな感情が芽生えくるもの。1年がかりで左遷されたという、負の気持ちが消えていくようでした。


     ところが・・・


     異動で上司が交代したことで、仕事量が増大。上司はほとんどマネジャーの役割を果たしていませんでした。課長の仕事がどんどん私に回されてくるのです。(>>課長の役割を記した記事はこちらです


     気付いた時には、毎月80時間、90時間と残業が増えていき、4ヶ月が経過しようとしていました。


     でも、もうあの頃のように落ち込んでいる暇は無く、後ろを振り向いてウジウジするのがイヤだったので、毎日ガムシャラに仕事をしていました。


     そしてある時、トップマネジメントから「おい!!お前何やってんだ!!M課長(他部署)に謝ってこい!!」と意味不明に叱られることに。指示どおり、すぐにM課長に謝りました。


     叱られた理由は、具体的な内容は伏せておきますが、実はたわいもないこと。他の社員だったら怒らずにスルーすることです。今考えても理不尽でした。(以前、左遷を指示した人です。だからなのかも)


     当時を思い返すと、叱られた瞬間に、心のどこかでガラガラと崩れるものがありました。


    「自分の努力はこの人の前では、どんなに努力して実績を出しても、感情ベースで嫌がられているので全く評価されない。逆に意地悪をされている。」

うつの症状について、詳しく書きます


 自分がうつに気付いた時は、自力では回復不能なところにきていました。きっかけは、課長の責任と仕事を丸カブリした揚句、残業時間の増で弱っていたときにキツく叱られたことです。


 これは今思えば、完全に逃げ場を完全に失ったサラリーマンの心理状態に問題があるのだと見ています。(転職もできない。仕事でも評価されない。それでも生活のために働かなければならないというプレッシャー。)


 私のうつ症状は、


 うつの症状


ランニングしてもなぜか冷や汗をかく。サッパリせず気持ちが悪い。


職場で会話しようにも言葉が出てこない。言語に障害を感じる。


仕事でミスを連発。今までの能力の1/10以下。まず仕事にならない。


朝起きるとすごく疲れている。常に顔色が悪い。


午前中は体がだるく頭が重い。午後になると段々体調が良くなり、
 夕方には元気になる。でも、夜なかなか寝付けない。


天気が良いとハイテンションになり、自分は治った・元気になったと思う。
  でも、翌日は気分が落ちて具合が悪くなる。


「どうせ俺は何をやってもダメなんだ」という負の無限ループにおちいる。


急に悲しくなり、突然さめざめと泣いてしまう



 妻からも「おかしいよ。医者に行った方がいいよ。」と言われ、子供にも「なんかお父さん変だ」と言われていたのでついに心療内科に行きました。


 薬を処方してもらい、しばらく連休を取った後にだましだまし仕事をし、3ヶ月でようやく元気にになりました。軽度だったのですが、自力で回復するには無理なところまできていました。



 今思えば、うつはどんなに精神的にタフで楽天的な性格でも「なるときはなる!」と確信しています。
 

 スポンサーリンク
   

軽度のうつはどうやったら治るのか?


   うつの症状に自分で気付いたころには、人の手を借りないとダメなところまできています。私は基本的には精神的にタフな方なので、叱られても「次は絶対失敗しません!」と公言してすぐに立ち直ります。


 でも、うつになってしまうと「自分の力で復活してみせる!!」ということができなくなります。今でも不思議に思いますが・・・。


 自力で復活するには、初期段階で手を打つことが大事です。残業が多い。ストレスが多い。家でも窮屈で休んだ気にならない。休みがない。疲れているのに眠れないなど、ほんのささいな事でも自分に敏感になることです。


 もし「うつ」になったら、会社(仕事)から即刻離れるべきと思います。会社にいては絶対に良くなりません。


 処方された薬を飲み、時間の流れに身を任せましょう。


 私がうつになったときは、すぐ上司に相談して、2週間ほど休みを頂きました。


 休んでいる時は、朝起きてご飯を食べて眠いときに寝る。1日テレビを見てボーっとして家に閉じこもる。外に出るだけでフラフラするので、家でゴロゴロ。それでも1日疲れました。


 
「食べる」「寝る」「何も考えない(特に仕事のこと)」「薬を飲む」あとは、一定度の時間の経過だけです。それだけで、だいぶ良くなります。

 スポンサーリンク
 

この記事が良かったらシェアをお願いします!

 

メール相談はこちらです

 係長.netでは、係長についてもっと詳しく知りたいことや、困っていることなど、随時メール相談を受付しております。お気軽にどうぞ。
>>メールフォームへ移動

 他の方がどんな質問をしているか見たい方は
>>中間管理職.net(相談専門サイト)にアクセスしてみてください。

記事コメント



記事コラムのカテゴリ

  係長の役割、係長の仕事
  部下
  ストレス・ワークライフバランス
  ・ 係長のがんばりすぎない働き方
  ・ 左遷人事されたとき 〜うつ発症からの復活劇〜 パート1
  左遷人事されたとき 〜うつ発症からの復活劇〜 パート2
  キャリア・転職
  その他



うつを治す方法・情報など


薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座
なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
うつ病を解消する会


関連記事


左遷人事されたとき〜うつ発症からの復活劇〜

左遷人事に私達はどうとらえるべきでしょうか。社内エースとして生きてきた昇進レールから突然脱線し、うつ発症から死に物狂いで生きてきたビジネスマンが復活に至るまでの記録を公開します。>>続きはこちらです

係長のがんばりすぎない働き方

みなさん係長はどんな働き方をしているでしょうか。「仕事なんて大体でいいや〜」と思える人でしょうか、それとも・・>>続きはこちらです

   薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座[PR]

うつに気付いた時には、自助努力ではなかなか治りません。薬を飲みたくない方のメンタルセラピー講座です。




係長が学べる!週1回の無料メールマガジン

週1回読んで学べる係長の無料メールマガジン
 
参加メールアドレス
退会メールアドレス

 週1回読んで学べる係長のメールマガジンです。係長の働き方、部下とのコミュニケーションなど私の成功体験や失敗の経験を踏まえて「係長に昇進したらどう働き方を変えるべきか?」などをテーマに、リーダーシップ、マネジメントの方法など、係長が組織で活躍するための方法を配信します。


 また、メルマガ登録の特典として、アマゾンでリリースしている電子書籍2タイトル(PDF版)を、メルマガ読者限定で無料プレゼントしています。以下のフォームにメールアドレスを入力して「参加」ボタンで完了です。返信メールにダウンロードアドレスが記載されています。

「資格なし!学歴なし!特技なし!」の高卒サラリーマンでも大卒エリートを追い抜きマネジャーになれた!爆速仕事術左遷された!!望まない人事を受けても地獄を乗り越える10の方法
 
参加メールアドレス
退会メールアドレス


係長の悩みを解決する書籍・教材

係長.net完全書き下ろしの「係長の事例問題解決集」です。(電子書籍 250円〜)